タバコと歯周病の関係|名古屋ビアンカ歯科・矯正歯科 浄心院|浄心駅の歯医者・矯正歯科

〒451-0031愛知県名古屋市西区城西4-32-11 HP浄心ビル3階
TEL.052-908-7566
WEB予約 インスタグラム ライン    
ヘッダー画像

医療コラム

タバコと歯周病の関係|名古屋ビアンカ歯科・矯正歯科 浄心院|浄心駅の歯医者・矯正歯科

タバコと歯周病の関係

こんにちは 🙂 

名古屋市西区の鶴舞線浄心駅2番出口目の前、名古屋ビアンカ歯科・矯正歯科 浄心院です。

 

今回は、歯周病とタバコの関係性についてのお話です :mrgreen: 

 

 

 

喫煙習慣のある方が歯周病にかかると、様々な悪影響があります。

その中でも今回は、

タバコが歯周病に対して影響を及ぼす3つのリスクについてご紹介します。

 

歯周病に気がつきにくい

喫煙者の方はタバコに含まれるニコチンの効果によって、血管が慢性的に収縮した状態になっています。

そのため、歯周病の初期症状である炎症や出血に気がつかない可能性が高いです。

初期症状に気がつかなければ、治療開始も遅れてしまい歯周病が重症化しやすいです。

 

治療効果が出にくい

歯周病の治療をしっかり行ったとしても、

タバコに含まれる成分(タール・ニコチン・一酸化炭素など)である有害物質によって、

血行障害や白血球の機能低下などが生じてしまい、治療効果が出にくい可能性が高いです。

そのため、歯周病の進行を食い止められず治療後も歯周病が悪化する可能性があります。

 

再発のリスク

歯周病の治療を行っても、引き続き喫煙を続けてしまうとどうなるのでしょうか。

歯周病が治りにくいだけではなく、残った歯周病細菌の活動の手助けをしてしまい、再発のリスクが上がってしまいます。

そして再発をしてしまうと、また治療のやり直しです。

 

*また、喫煙は歯周病だけでなく、虫歯の原因となる可能性もあります。

喫煙により、歯が汚くなったり歯茎が黒ずんだり、口が乾燥しやすくなります。

口が慢性的に乾燥していると虫歯を引き起こしやすくなると言われているのです。

 

このようにタバコはお口に多くの悪影響を及ぼします。

多くの歯を失う原因にもなりうるのです。

歯周病の早期発見・早期治療のために

禁煙と歯科での定期検診を受けましょう 😀 

 

検診のご予約はいつでも受け付けております。

また、当院では矯正治療・インプラント治療に関するご相談は毎日無料で行っております。

LINEからはチャット相談も受け付けております。

友だち登録していただき、お気軽にご相談ください。

友だち追加

どんな些細なことでもご相談いただけるような、

地域密着のクリニックをめざしていますので、

少しでも歯に関するお悩みがあれば、お気軽にお越しください。

水曜以外は毎日診療しております。

名古屋ビアンカ歯科・矯正歯科 浄心院

〒451-0031

名古屋市西区城西4-32-11 HP浄心ビル3階

☎052-908-7566

pagetop